腸温活プロジェクト


腸温活プロジェクトについて お知らせ お問い合わせ

継続は力なり
「腸温活」カレンダー

「残暑便秘」に
「腸温活」

川嶋朗先生
川嶋朗先生

夏も盛りを過ぎ、暑さも一息つく9月。実は意外と体調を崩す人が多い時期でもあります。夏の不摂生、生活リズムの乱れに伴う9月の不調に対処するには何を心掛けるべきか。「腸温活プロジェクト」の賛同者である川嶋朗先生にお聞きしました。

夏の終わり、9月頃に起こりやすい体の不調について教えてください。

秋も夏バテの症状が起こりやすい時期です

9月は真夏ではありませんが、それでも十分に暑いので、気温、湿度、紫外線などによる、いわゆる夏バテの症状(だるさややる気が出ないなど)が起こりやすい時期といえます。また、秋の移動性高気圧により、高気圧と低気圧が入れ替わることで酸素濃度が微妙に変化し、体が副交感神経優位となりやすく、体力がない人は日中の起きている時間でも「お休み状態」になったり、精神的にも少し落ち込んだり、メランコリックになる方も多くなります。私はこのような状態を「秋バテ」と呼んでいて、9月に入ると徐々に患者さんの中に増えていくという実感があります。他にもこの時期に特徴的な不調として「残暑便秘・残暑下痢」があります。

イメージ:「秋バテ」ってあるの?

「残暑便秘・残暑下痢」とは初めて聞きます。どのようなものなのでしょうか?

水分や冷たいものの取りすぎと自律神経異常は下痢の原因になります

「残暑便秘・残暑下痢」と言っても、症状としては通常の便秘・下痢と同じです。ただし、この時期の便秘・下痢は症状が少し重くなることから特別に「残暑便秘・下痢」と呼んでいます。便秘の原因として考えられるのは、通常の便秘の原因(食物繊維不足、食欲低下、便意のガマン等々)に加えて、この時期はまだ汗をかくことが多いため「脱水」が起きたり、脱水を防ごうと(冷たい)水分を取りすぎて起こる「冷え」、「秋バテ」に伴う自律神経の調整力低下などが複合的に関係していると考えられます。水分や冷たいものの取りすぎと自律神経異常は下痢しやすい方にとっては下痢の原因になります。

イメージ:残暑便秘・残暑下痢の原因

予防法、対処法としては、どのようなことを心掛けるべきでしょうか?

豆や雑穀、野菜が入った具だくさんスープを取り入れた「腸温活」生活を

基本はお腹を外からも中からも冷やさないことです。そしてきちんと水分を摂る。ただし水分は冷たいものでは取らない。便秘の場合は、排便習慣をつけるため、朝あまり便意がなくても(便が直腸に溜まっている時間なので)トイレに座る習慣をつけるとよいでしょう。しっかりとした便を出すためには繊維質を多く摂ることも有効です。なお「腸温活プロジェクト」では、豆や雑穀、野菜が入った具だくさんスープを取り入れた生活を「腸温活」として推奨していますが、夏の疲れが蓄積し「残暑便秘・残暑下痢」「秋バテ」のリスクが高まる9月の「腸温活」は、正に理に適った生活スタイルであり、是非取り入れて頂きたいと思います。

イメージ:豆や雑穀、野菜が入った具だくさんスープを

川嶋 朗 先生東京有明医療大学 保健医療学部 鍼灸学科 教授

川嶋 朗 先生

北海道大学医学部医学科卒業。東京女子医科大学大学院医学研究科修了。Harvard Medical School & Massachusetts General Hospital留学。東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長を経て現職。東洋医学研究所附属クリニックにて自然医療部門を担当し、自然治癒力を重視した近代西洋医学と代替・相補・伝統医療を統合した医療を日本の医療系の大学で実践中。「よりよく生きる」「悔いのない、満足のいく人生を送る」ための心得として、「自分の理想的な死とは何か」を考えるQOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)の提唱者。日本内科学会総合内科専門医。日本腎臓学会・日本透析医学会指導医。日本統合医療学会・日本予防医学会理事など。
「冷えとりの教科書」(マイナビ)、「医者に殺されないための『かかりつけ医』の見つけ方」(光文社)、「医者が看取りから教わった身近な人に迷惑をかけない39の心得」(宝島社)など著書多数。

ページの先頭へ