腸温活プロジェクト


腸温活プロジェクトについて お知らせ お問い合わせ

腸温活と食物繊維

食物繊維入り具だくさんスープによる温め・保温効果検証

腸温活のための朝食にはどのようなスープが適しているのか、体の温め、保温効果について検証を行いました。

食物繊維入り具だくさんスープと、具なしのスープ、コンソメスープ、およびスープなしの具材のみ、を飲食してもらい、サーモグラフィで体の温度を測定。2名の被験者にさまざまな試験食を飲食してもらった結果、「具だくさん」のスープを食べることが最も体を温める効果があることがわかりました

保温効果の検証 1

具だくさんスープ 食物繊維入り
具だくさんスープ
vs 具なしスープ 具なしスープ vs コンソメスープ コンソメスープ

保温効果の検証結果

具材イラストスープのなかでも「具材がたくさん入った」スープが最も体をよく温める!
  1. 1 食物繊維入り具だくさんスープで最も体は温まり、120分後まで持続→下図03、06
  2. 2食物繊維入り具だくさんスープは体を末梢まで温める→下図06

被験者Aに温かい食物繊維入り具だくさんスープを食べてもらったところ、上半身から末梢(指先)まで温まり、その効果は120分後まで持続していました(写真03、06)。食物繊維入り具だくさんスープと温かい具なしスープ、温かいコンソメスープ(具なしスープの一般的な代表例)と比較すると、具なしスープ、コンソメスープでは、食物繊維入り具だくさんスープほどの温め効果は得られず、コンソメスープでは末梢(指先)がほとんど温まりませんでした。これらのことから、食物繊維入りの具材がスープの温め効果を高めているものと考えられます。メカニズムとしては、具材を噛むことや消化吸収がゆっくり進むこと、具材による保温効果などが関係していると推測されます。

サーモグラフィによる検証

食物繊維入り
具だくさん
スープ
(温)
具なしスープ
(温)
コンソメスープ
(温)

被験者

女性1名 27歳 BMI16.4

試料

(1)食物繊維入り具だくさんスープ(温)200g
(2)具無しスープ(温)200ml
※ (1)のスープの具を除いたもの(分量調整)
(3)コンソメスープ(温)200ml

試験方法

試料摂取前、摂取後0分、30分、60分、90分、120分後の 全身、上半身、両手をサーモグラフィで撮影
試験は2日間で実施
試料は7分間かけて摂食

試験期間

2016年6月4日、5日

実験監修

松生恒夫先生
(松生クリニック院長・医学博士)
※本実験は松生恒夫先生の着想をもとにした実験です。

保温効果の検証 2

具だくさんスープ 食物繊維入り
具だくさんスープ
vs 具なしスープ 具なしスープ vs 具材のみ 具材のみ(温) vs 具材のみ 具材のみ(常温)

保温効果の検証結果

具材イラスト温め効果、保温効果はスープではなく食物繊維入りの具材にあり!
  1. 1 食物繊維入り具だくさんスープで最も体は温まり、120分後まで持続→下図21、24
  2. 2「具材のみ(常温)」でも「具なし(温)」と同等の温め効果→具材がスープの温め効果をより高める! →下図32、33

被験者Bに温かい食物繊維入り具だくさんスープを食べてもらったところ、被験者Aと同様に上半身から末梢(指先)まで温まり、その効果は120分後まで持続していました(写真21、24)。スープを除いた温かい具材のみと具なしスープで比較すると、具材のみの方が上半身から末梢(指先)まで温める効果が高くなりました(写真32~33、35~36)。さらに、温かい具なしスープと比較すると、常温の具材のみの方が温め効果は高く、温かい具なしスープと同等レベルまで温められていました(写真38~39)。 これらのことから、食物繊維入り具だくさんスープの温め効果は、具材によるところが大きいと考えられます

サーモグラフィによる検証

食物繊維入り
具だくさん
スープ
(温)
具なしスープ
(温)
具材のみ(温)
具材のみ(常温)

被験者

女性1名 33歳 BMI18.6

試料

(1)食物繊維入り具だくさんスープ(温)200g
(2)具無しスープ(温)200ml ※ (1)のスープの具を除いたもの(分量調整)
(3)具材のみ(温)228g ※ (1)のスープの具材(分量調整)
(4)具材のみ(常温)228g ※ (1)のスープの具材(分量調整)

試験方法

試料摂取前、摂取後0分、30分、60分、90分、120分後の 全身、上半身、両手をサーモグラフィで撮影
試験は2日間で実施
試料は7分間かけて摂食

試験期間

2016年6月4日、5日

実験監修

松生恒夫先生
(松生クリニック院長・医学博士)
※本実験は松生恒夫先生の着想をもとにした実験です。

右手の平均温度変化量

右手平均温度(手首より先)

食物繊維入り具だくさんスープの
温め・保温効果
が最も高い!

女性27歳 / BMI16.4 女性33歳 / BMI18.6

腹部の平均温度変化量

腹部平均温度(へそ除く)

食物繊維入り具だくさんスープの
温め・保温効果
が最も高い!

女性27歳 / BMI16.4 女性33歳 / BMI18.6


Opinion Voice 食物繊維入り具だくさんスープの温め効果を確認

今回の試験結果から、食物繊維入り具だくさんスープには、体や末梢を温める効果が期待できることが分かりました。また、複数の豆、雑穀、野菜が含まれており、水溶性と不溶性の食物繊維両方を摂ることができるので、中長期的に見ると腸内環境を整えることにもつながるでしょう。寒くなるこれからの季節、お腹・腸を冷やして体調を崩される方が多くなります。特に朝はどうしても体温が低くなるので、食物繊維入り具だくさんスープを朝食に取り入れて、体を温めるとともに腸内環境ケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。

松生クリニック院長 松生恒夫先生
松生クリニック院長・医学博士
松生恒夫先生

朝食と食物繊維

ページの先頭へ