腸温活プロジェクト


腸温活プロジェクトについて お知らせ お問い合わせ

お知らせ

第4回時間栄養科学研究会にて森田達也先生による「朝食と食物繊維 セカンドミール効果」と題する発表が行われました

2017.08.28


2017年8月25日、「第4回時間栄養科学研究会/第12回ニュートリズム検討会」(於:名古屋大学 野依記念学術交流館)が開催され、腸温活プロジェクトの賛同者の一人、森田達也先生(静岡大学教授)による「朝食と食物繊維 セカンドミール効果」と題する発表が行われました。

森田先生は、レジスタントスターチまで含めた食物繊維の分類と栄養特性、「最初に摂った食事が2回目の食事後の血糖応答を制御する」というセカンドミール効果などについて、その研究の歴史と現在進行形のメカニズム解明の潮流を解説。最後のまとめとして「朝食のスキップは昼食時の血糖応答を一層激しいものにする」とし、食物繊維を含んだ朝食の重要性について改めて発言されていました。

※腸温活プロジェクトサイト内の「セカンドミール効果」に関する説明はこちら(食物繊維3兄弟入りスープで腸を温める朝食を)からどうぞ。

お知らせの一覧へ

ページの先頭へ