腸温活プロジェクト


腸温活プロジェクトについて お知らせ お問い合わせ

⽇本⼈は冷えている!?

川嶋朗先生に聞く「気になる季節の不調と腸温活について」

川嶋 朗 先生東京有明医療大学 保健医療学部 鍼灸学科 教授

川嶋 朗 先生

北海道大学医学部医学科卒業。東京女子医科大学大学院医学研究科修了。Harvard Medical School & Massachusetts General Hospital留学。東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長を経て現職。東洋医学研究所附属クリニックにて自然医療部門を担当し、自然治癒力を重視した近代西洋医学と代替・相補・伝統医療を統合した医療を日本の医療系の大学で実践中。「よりよく生きる」「悔いのない、満足のいく人生を送る」ための心得として、「自分の理想的な死とは何か」を考えるQOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)の提唱者。日本内科学会総合内科専門医。日本腎臓学会・日本透析医学会指導医。日本統合医療学会・日本予防医学会理事など。
「冷えとりの教科書」(マイナビ)、「医者に殺されないための『かかりつけ医』の見つけ方」(光文社)、「医者が看取りから教わった身近な人に迷惑をかけない39の心得」(宝島社)など著書多数。
Q 川嶋先生が提唱されている「梅雨冷え・梅雨バテ」とはどのような状態を指すのでしょうか。

A6月の「低気圧」と「湿度」が引き起こす「梅雨冷え・梅雨バテ」

「冷え」というと冬の寒い時期、そして最近では夏の暑い時期の冷房病という形でクローズアップされることが多いのですが、実はもうひとつ注意して欲しい時期として6月があります。6月は日中の平均気温が22℃くらいで、気温だけ見ると過ごしやすい季節ですが、この季節特有の梅雨に伴う「低気圧」と「湿度」の2つの問題があります。まず「低気圧」状態になると、空気中の酸素が薄くなり、自律神経のはたらきが副交感神経優位、つまりお休みモードに入り、だるくなったりバテやすくなります。これが「梅雨バテ」につながります。さらに「湿度」は漢方医学の世界では炎症を助長するはたらきがある「湿邪」といいますが、水が体に入ることで「冷え」にもつながります。これが「梅雨冷え」です。

Q「梅雨冷え・梅雨バテ」にはどう対処すべきでしょうか。

A「梅雨冷え・梅雨バテ」対策は「規則正しい生活」習慣から

梅雨冷え・梅雨バテに限りませんが、根本的な解決策としては「規則正しい生活」ということになります。具体的に言うと、「適度に運動をしましょう」「温かいものを食べましょう」、そういう当たり前のことです。適度な運動とはどんなことかというと、私は「普段イヤなことをしてください」と言っていますが、エスカレータではなく階段を使ったり、電車に乗ったら席が空いていても立っているようにする。そういう文明の利器にはあまり頼らないような生活です。そして温かいもの、これは全ての「冷え」に通じる対処法ともいえます。極端に冷えたものはできるだけ控えましょう。
Q「梅雨冷え・梅雨バテ」に腸温活、具だくさんスープは有効でしょうか。

A「梅雨冷え・梅雨バテ」に効果的な具だくさんスープ 腸内フローラを整え、筋肉の材料になる

温かい具だくさんスープは、スープの温度で体が温まるのはもちろん、具材の野菜に含まれる食物繊維が腸内フローラを整え、免疫力や代謝を上げてくれます。また、具材をよく噛んで食べることで体温が上がるほか、消化・吸収も高まります。さらに具材として豆を使えば、豆に含まれる良質のタンパク質が筋肉の材料になり、筋肉が増えれば体の中から熱を作る力が高まります。このように温かい具だくさんスープによる腸温活は「梅雨バテ・梅雨冷え」にとても有効といえます。

冷えから生まれる体の不調

ページの先頭へ